不気尊重

不気尊重

一切のことに気をとらわれずに受け流し、天の前にまっすぐと立つ。
わずかでも気をとられ傾けば力みが生じ弱さとなる。
強さとはまっすぐに立つ姿勢のことである。(不気)

関心を持って干渉せず、ままに受け入れて分類せず。
一切を軽々しく扱わずにその重さを尊ぶ。(尊重)

この両立が人格の入り口と知る。

道場訓_不気尊重A4

道場訓_不気尊重B4

関連記事

ランキング

  1. 1

    諸葛亮孔明のことばから学ぶ

  2. 2

    道場性の声:小学3年生女子A.Kさん

  3. 3

    スポーツ界の不祥事のなぜ?

  4. 4

    極真空手-大山倍達総裁の言葉1

  5. 5

    道場性の声:小学4年生女子M.Fさん

最近の記事 おすすめ記事 特集記事
  1. 【学べるヒーリング瞑想4K-自然のゆらぎ編】癒やされながら学び自分を覚醒できる瞑想

  2. 【育児と教育④-実際の証拠】本当の心の教育による子供の成長の実際の証拠をお見せします。

  3. 【育児と教育③】まだ間に合う、子供の身体と才能を開花し心を育てよう

  1. 【育児と教育③】まだ間に合う、子供の身体と才能を開花し心を育てよう

  2. 稼ぐは能力、使うは人格、より大切なのは人格教育

  1. 人格者教育とは!

  2. 「私の子どもは世界一」といえることが親の本来の姿

  3. 拳禅一如(剣禅一如)~真の武道教育~

TOP