1. HOME
  2. 心身の基本動作を学ぶ
  3. 自然に歩く③:膝を引かず股関節を前に出す
心身の基本動作を学ぶ

自然に歩く③:膝を引かず股関節を前に出す

年齢を重ねると、膝・腰を痛める日本人がたくさんいらっしゃいます。
以前にも書きましたが、まずは足指の浮指が原因と考えられます。
今回は今ひとつの原因、膝と股関節の動作について紹介したいと思います。

おそらくほとんどの人は「歩く機能」ということを学んだことがないかもかもしれません。
何らかの怪我や病気でもしない限り、歩くことがあまりにも当たり前の事だからだと思います。
歩くことが困難になって初めて気づくよりは、できるだけ早く「歩く」事のすござ、素晴らしさに気づけると良いと思います。

TVでは「腕を大きく振る」「歩幅を広げる」などダイエットには良いかもしれませんが、その反面かえって膝などを痛めやすい動作が言われています。

今回はその「歩く」場合の「膝」のありようです。
ほとんどの日本人はここが間違っています。
そのため
・膝を痛める
・歩いて疲れやすい
・足裏が固くなる、豆ができる
・お尻が下がって足が短くみえる
・足が遅い
・足がねじれる
・外反母趾
という症状が現れやすくなります。

どこが間違っているのでしょうか?
(誤)
①足が地面につく前に膝が伸ばす
②体より前に足をつく(足が地面に対して斜めにつく)
③膝を引いて体を前に出す(膝に負担)
(正)
①足が地面につく前に膝を伸ばさず膝下は脱力
②足が地面についても膝を引かない
③股関節が前へでる

足が地面についてから膝を伸ばす(引く)歩き方は、地面を蹴って歩いていることになります。
地面とケンカしている状態ですね。
特徴として靴の底が削られやすいです。

正しく歩けば靴底はほとんど削られませんし、かなりの時間歩いてもほとんど疲れません。
一見わずかの差のようにみえますが、結果はかなり違います。

膝の力が抜けて、まっすぐ足が地面につき、股関節を前に出す歩き方をすれば膝・腰お痛める事は少なくなると思います。
歩き終わった後、足が疲れるのではなく股関節を含む下腹がHOTになっていれば正解です。